走ったり、踏ん張ったり、足首痛んだり

肩こり、腰痛を骨からも見直して治します。

mut吉田治療院の吉田です。

 

信号が間に合うだろうかとスっと走ろうとした瞬間に足首が痛かったり

 

昔から捻挫をよく繰り返すような状態だったり

 

踏ん張った時に足首に痛みが出たり

 

足首の痛みも様々あります。

 

常に足首が痛いわけじゃなく、たまーにズキっと痛みが出るだけだからいいだろう

 

ちょっとまった!!!

 

たまに痛みが出るのは放置しておくと、もっと痛いことになりますよ。

 

それこそ体に痛みが出るのは、身体が治してくれとサインを出している証拠

 

なんでもひどくなる前に治したほうが、治りも早いしオススメです。

 

では足首の痛みとはなんでしょう?

 

捻挫の時に多いと言われているが前距腓靭帯の損傷(足首の前外側が痛くなります)

 

 

このあたりにある靭帯が捻挫すると痛めることが多いんですね。

 

次にこの足首の真ん中あたりに痛みが出る場合

 

 

靭帯ではなく、骨が原因かもしれません。

 

その名も距骨!

 

この距骨というのは非常に面白い骨なんですよ(爆笑とかではなく、解剖学的に面白いとぼくが思っているだけ)

 

骨なんですけど前後左右に動くことができるんですね。

 

そのためヒールや捻挫を繰り返した人、サッカーをしていた人など

 

足関節の底屈(つま先立ち)をすることが多い人は、この距骨が特にズレます。

 

 

距骨がズレると、足首が動きにくくなり詰まったような感じになり痛みになる人もいます。

 

足首の痛みと言っても色々あるんですね。

 

mut吉田治療院でも、肩こりや腰痛で来院されて、

 

足首の違和感や痛みがなんとなくあったなー

 

なんて人たちを回復させて、痛みのない身体作りをしています。

 

それこそ、足首の痛みが股関節の調整で治ったりすることもあります。(これは腸腰筋と後脛骨筋の筋膜によるもの)

 

 

足首が痛い人は、股関節のストレッチなどをすると痛みが消えることがありますので是非やってみてください!

 

このように股関節を伸ばしてみるのがセルフケアとしてオススメです。

 

たかが足首の痛みと思いなら、足首の痛みは膝や股関節、はたまた腰や肩にまで痛みを出すこともありますので

 

早めに専門家に相談するといいですよ(^O^)

 

   

 院長の独り言『お笑い芸人』

最近は流れ星のちゅーえいにハマってます

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

体質改善には、美トレーニング

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。