冷房で身体が冷えて、足腰がだるい人のための改善法

肩こり、腰痛を再発しない治療をしています。

mut吉田治療院の吉田です。

 

最近、エアコンの冷房で身体が冷えてしまい、腰から足にかけてダルさを感じる方が増えています

 

家では調整のできる冷房も、通勤の電車や会社では温度調整ができないため、身体が冷えてしまいますよね。

 

靴下はいて、ブランケットして、エアコンの冷房が寒くて仕方ない

 

寒いから縮こまって、腰や足がダルくなるということ

 

寒い時は身体が熱を発散させないように、筋肉が縮こまるようになっています。

(暑い時は逆で、熱を出すように緩まります)

 

筋肉が縮こまると、血管も縮こまるので血流が悪くなっていき疲れが重力に負けて

 

腰から足にかけて疲労物質として蓄積されていきます。

 

これが下半身にダルさがでてくる原因

 

温めたとしても改善しないのは、下半身の表面しか温められていないため、深部にある血管は冷えたまま(>_<)

 

んじゃどうしろと!?

 

筋肉や血管を温めるのは動くことだったりお風呂に入ることだったりするんですが

 

それ以前に、この冷房でも冷えていない人がいるのを考えてみましょう。

 

下半身が冷えやすかったり、血管が縮こまりやすい人は

 

 

実は

 

 

食生活でタンパク質が少ない傾向にあります。

 

 

タンパク質は、肉、魚、大豆、豆腐、卵などのこと

 

「身体が温まるって言うから生姜や唐辛子よく摂取するんですよね」

 

これって半分正解でもったいない状態。

 

生姜や唐辛子は確かに体を温めますが、温まるのは筋肉であって

 

その筋肉が弱っていたら、温まってもすぐ冷えて

 

寒い寒い寒い寒い((((;゚Д゚))))

 

となってしまうということ

 

タンパク質を摂取して冷えにくい体を作りましょう!!

 

mut吉田治療院では、このような体を変える食事指導を行い

 

冷えて縮こまった筋肉を動かしながら柔らかくするもみほぐしを行っています。

 

普段動かすことのできないような筋肉を動かすことによって

 

ダルさは吹っ飛び、腰や足が疲れにくい身体がつくられます(^O^)

 

身体が縮こまった腰痛なら、今すぐお電話ください!

 

 

   

 院長の独り言『車』

社内のエアコンが効かないので切なくなります

 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

体質改善には、美トレーニング

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。