吐いた後に胃の調子が悪く、なにを食べたらいいのかわからない場合は

 

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

お酒の飲みすぎ

風邪や胃腸炎

 

いろいろな原因で嘔吐することありますよね。

 

 

嘔吐というのは

 

体にとっては防御反応で反射です。

 

 

体が

 

これはいらない!!

吐き出してしまおう!!

 

という状態。

 

 

お酒はこれ以上飲んだらダメとういことだし

 

 

風邪や胃腸炎は

ウイルスなどが体内に入ってきたのを体外に出そうとする反射です。

 

 

吐くのは胃に物がある状態を避けたい

 

ということですので

 

無理に食べたりするのはNG

 

ですが、吐いているときは

 

水分補給が大切

 

特に小さなお子さんの場合

脱水症状が起きると嘔吐よりも危険ですので

なによりも水分補給をしましょう。(大人でも脱水症状になりすぎると頭痛など併発します。)

 

何を飲んだらいいのか

 

スポーツドリンクや経口補水液を飲むのはいいことですが、糖度が高く作られているため要注意

 

ガバガバと飲むと血糖値がバランスを失い低血糖になることがありますので

 

2~5倍などに水と薄めて飲むのが一番おすすめ

 

もしくは常温の水やお茶にしましょう。

 

なぜスポーツドリンクなどは糖度が高いのか!?

 

水やお茶よりも、糖度が高いと体内に水分が吸収されやすくなるためです。

 

 

水分補給も行いながら

吐き気が治まるまでは吐きましょう。

 

 

吐き気止めなどの薬を飲むと

症状が悪化することがあるので注意してくださいね。

(体内のウイルスなどがなくならないため)

 

 

そして、嘔吐が終わり落ち着いてきたとき

 

 

何を食べるべきなのか悩みますよね。

 

消化のいいものを食べて、胃に負担のならないようにしましょう。

 

食欲がないようでしたら、無理に食べる必要はありません。

初めは塩を舐めてみるのも失ったミネラルを補給できるのでおすすめ

 

ですが、塩化ナトリウムである食卓塩などではなく、岩塩などにしないとミネラルは補給されません。

 

 

次におすすめは

 

梅干し

 

薬局などでは梅肉エキスというのが売っていますのでそれでもいいですし

 

スーパーなどでも売っている梅干しでも OK

 

この時に注意する点

 

市販の梅干しの場合

かなりの確率で添加物が多く使われていて、逆に胃の負担になってしまういます。

 

できる範囲でいいので添加物の少ない梅干しにしましょう。

 

梅、塩

 

原材料がシンプルなものほど胃の負担が少なくなります。

 

 

ある程度食べれるようになってきたら

うどんやお粥などを食べたら胃の負担が少ないようにおもいますが

 

うどんは消化によくありません!!

 

 

ツルっと口当たりも良く食べられますが

噛むことが少なくなりやすく、胃で消化の負担が多くなりやすくなります。

 

 

おすすめは、

 

お粥をかなり水の量を多くしてゆっくりと噛み(一口で30回)

 

しっかりと唾液と混ぜて飲み込むようにしましょう。

 

 

 

 

おかずは、あぶらっこいものでなければ食べたいのを食べても大丈夫。

 

 

体を作る食事が、逆に胃の負担になり

体を壊すので楽しく健康に食事をしましょう。

 

意外なことに

胃の疲れから

腰痛や肩こりになるケースもありますので

 

なかなか取れない胃の疲れがありましたら、一度ご相談ください。

 

内臓から肩こり、腰痛も再発しないようしていきましょう!

 

 

 

   

 院長の独り言『鍋の季節』

鍋物は野菜、タンパク質といった栄養価が増えますが、ビタミンCは不足します。

みかんなどの果物を食べると補える。

昔の日本人すげー 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

体質改善には、美トレーニング

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEでも予約受け付けてます。友達追加してね
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。