ぎっくり腰の原因と対処法

腰痛、肩こりなどを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

先週くらいから、気温の変化が激しくなり、自律神経が乱れやすくなっておりますが

あなたは大丈夫ですか?

 

自律神経が乱れると、ダメなことが多くあるので要注意。

 

特に、仕事によって使いすぎて緊張していしまった筋肉が

 

本来は、自宅に帰ったりリラックスした状態になると緩んでいたのに

 

自律神経が乱れているため、緩みにくくなり

 

ぎっくり腰になる人が多発しています。

ぎっくり腰ってなに?

ぎっくり腰とは、突然腰の痛みが出て,

最悪の場合動くこともできない状態です。

 

原因はさまざまで、くしゃみ、咳、トイレにて力を入れた瞬間、寝起き、お風呂上り、立ち上がろうとしたとき、ズボンやスカートをはくとき、靴下を脱ぐときなど

 

数えだしたらキリがないほど、日常にはぎっくり腰の危険が潜んでいます。

 

ぎっくり腰とは、急激に筋肉が緊張してしまい組織が損傷した状態です。

病院では、「急性腰痛」や「椎間関節のねん挫」など言われます。

 

 

骨盤の関節や椎間関節など、関節部を中心にした筋肉たちが

なんらかの衝撃にて、緊張してしまい痛みを出しているということ。

 

そして、その緊張の痛みとは炎症が起きています。

ぎっくり腰になったらどうしたらいいの?

ぎっくり腰とは、腰の炎症が起きている状態ですので、無理に動かないようにします。

 

ですが、比較的早く治すためには順序がありますので参考にしてみてください。

 

 

1、安静

ぎっくり腰をやってしまった直後は、関節の動きとともに筋肉が急激に損傷がおきていますので、絶対安静にします。痛みがつよすぎて動けないこともあると思いますので、動けるようになるまで安静にしましょう。

 

 

2、冷やす

腰が痛いときって温めるの?冷やすの?

とっさのとき、わからなくなりますよね。

ぎっくり腰の時は炎症が起きているので冷やしてください。できるようなら、湿布よりも氷嚢などを使い組織を冷やすようにしてください。

 

 

3、歩く

安静にしなきゃいけないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、ぎっくり腰を早く治すには歩くことが大切になります。

腰の痛みが強くて歩きにくいかもしれませんが、とにかく歩くことを意識してみてください。

痛みの成分などは血液に乗って体を巡り治癒へと向かいます。

そのため、痛みがあっても歩くことで痛みの成分が流れて治りが早くなります。

※「ぎっくり腰には、動けるまで絶対安静」というのは考えはもう古い

 

  

4、ストレッチをするなら足をストレッチ

痛みの出ている腰をストレッチさせたら、痛みが早く取れそうというのは違います。

組織に炎症が起きているため、ストレッチしてしまうと悪化してしまう恐れがあります。

ですが、足首やふくらはぎといった腰から遠い部位をストレッチさせるのは効果があるため、できる範囲で行いましょう。

 

 

5、病院よりも治療院

病院にいっても、痛み止めや注射をして終わった。

というお客様が多く、痛み止めで一時的に動けるようにはなりますが、治ってはいません。

そのため、早めにぼくらのような専門家に相談することで、ぎっくり腰の原因から治療していくので今後の痛みがかなり楽になります。

 

 

 

先日もぎっくり腰の患者様がみえたときに、最終的には首回りの筋肉をもみほぐしたことによって、一気にうごけるようになりました。

全身が腰に影響しているということですね。

まとめ

いかがでしたか?

 

ぎっくり腰の対処法について考えを述べましたが、参考にしてみてください。

 

日常から自律神経が乱れないように生活するのが、一番のぎっくり腰予防になります。

 

自律神経が乱れないように、リラックスして体も心も落ち着かせるようにしてみましょう。

 

当院では、体を見直してぎっくり腰など急性腰痛にも対応しています。

なかなか治らない腰痛などありましたら、今すぐお電話ください。

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

   

 院長の独り言『チョコミント』

夏はチョコミントが増える季節です。今のところクランキーアイスのチョコミントが僕のオススメ。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。