靴の外側がすり減る原因はお尻の筋力不足!?

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

いつも使っている靴がなぜか、外側(小指側)ばかりすり減ったりする。

 

そんな経験はありませんか?

 

正しい歩き方ができていないからなのか。

 

それとも、体が歪んでいたり姿勢が悪いからなのか。

 

原因はいろいろありますが

 

靴の外側がすり減る原因をご紹介します。

 

 

正しい靴底のすり減り方は?

毎日のように使い続ければ靴底はすり減るものです。

 

地面を擦って歩いてると減りははやいかもしれませんが、

 

正しい靴底のすり減り方というのがあります。

 

それは、

 

全体が均一にすり減る。

 

足の裏全体で体を支えて歩くことによって、靴底というのは均一に減るように歩くのが一番ベスト。

 

ですが、多少の偏りは気にする必要がありません。

 

利き足があるように、人間の重心もきれいに中心になることはないため

 

ある程度全体的にすり減っていれば気にしないようにしましょう。

 

 

 

靴底の外側がすり減る原因はなに?

人によって靴底のすり減り方は違います。

 

姿勢や歩き方の問題もあれば、靴のサイズが合っていないなんてことも多々あります。

 

靴底の内側がすり減りやすい人は

「O脚」や「X脚」である人が多いので、内またが原因。

 

 

今回は外側がすり減る原因について

外側がすり減っている人に多いのは

「がに股」や「猫背」の人。

 

これは、重心を体の外側で支えるように歩くため

太ももの筋肉で体を支えるように動き足が太い傾向になります。

 

体の中心に重心がないとこのようになるので

体を支える筋力不足になります。

 

靴の外側がすり減りやすい人かどうかチェックする方法があります。 

 

まずはこのような姿勢をしてみてください。

立った状態で片足を高く上げる。

 

 

こんな感じである高く上げてみてください。

 

この時に

ふらついたり、支えている足がガクガクと震えるように動いたらな筋力不足で

体を中心で支えることができにくくなっています。

 

 

重要な筋肉は、足を上げているほうではなく

支えている足側のお尻の筋肉が動いているかどうか。

(ちょっとわかりにくくですみません) 

 

この支えている足のお尻にギュっと力が入っているかが重要。

 

 

このあたりにある中殿筋が動いているかということ。

 

足を上げて歩くと、この中殿筋を使って骨盤を水平に保ちます。

 

ですが、靴底が外側だけすり減る人は

 

中殿筋が弱っていることが多く、骨盤を水平に保てません。

 

それによって、歩きながら、くにゃくにゃと背骨を動かし

お尻を振るように歩くので、どうしても重心が外側にいってしまい

 

結果的に靴底が外側だけすり減るということ。

 

 

(実際には靴底の内側がすり減っている人も中殿筋弱ってるんですけどね)

 

 

歩くときに歩幅を大きくとって、この中殿筋が動くように意識してみましょう。

 

 

それでもわかりにくい場合は

 

先ほどの足を高く上げて、中殿筋が動くように意識しながら

 

10秒ほどキープすると、中殿筋のトレーニングになるので

 

一日に数回行い、筋トレをしてしまうのもおすすめです。

 

 

 

中殿筋の働きがわからないようでしたら

当院にて、なぜあなたの中殿筋が弱り重心が崩れてしまったのか原因を探します。

 

そして、手軽に中殿筋が動くような体つくりも行いますので

 

お悩みでしたらお電話ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

   

 院長の独り言『口内炎』

口の中を噛むと高確率でなる。痛くてつらい・・・。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。