右の腰が痛いのは骨盤が歪んでいるから?

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

腰痛になったことある人は、自分がなぜ腰痛になったのかご存知ですか?

 

ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など

整形外科では、腰痛の種類を教えてくれますね。

 

では、なぜ腰痛になったのか教えてくれましたか?

 

 

物を持った瞬間にグキっと痛みが出れば重たいものを持ったからですね。

ですが、毎回モノを持つたびに腰痛になりませんよね。

 

そこに腰痛の原因が隠れています。

 

なぜ前回はよかったのに

今回は腰が痛くなったのか。

 

そこを知ると今後の腰痛を再発しないために役立ちます。

 

今回はそんな

 

いつも通りの生活をしていたのに

なぜか右だけ腰痛になってしまった男性のお話しです。

 

 

同じように腰痛でお困りでしたら、一読ください。

 

 

 

なぜか腰痛になってしまったのは骨盤のゆがみが原因??の男性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「こんにちは。先週から右の腰が痛くて、放置しておけば大丈夫かとおもったんですけど、全然治らないんです」

 

 

吉田:

「腰痛ですね。先週なんかやった記憶とかあります?腰が痛くなった原因のような動きとか」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「それが全然ないんですよね。いつも通りの毎日で、気づいたら痛かったような気がします」

 

 

吉田:

「いつも通りですね。それこそ、日頃の疲れがたまって、腰が悲鳴を上げていたのに気づかないで痛みを出したのかもしれませんね。まずはどこが悪さしているのか探していきましょう」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「そんなもんなんですか?よろしくお願いします」

 

 

~検査中~

 

 

吉田:

「右の腰に痛みがでるのは前屈のときだけですか?」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「そうですね。」

 

 

吉田:

「座った状態で、体を左右に倒してみてください。」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「いてて、右に倒したときに痛みがでますね」

 

 

吉田:

「前屈と右に倒すと痛みですね。なんか骨盤が歪んでいるように見えますね」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「え?そうなんですか?自分では全然わかりませんね」

 

 

吉田:

「詳しく体を見ていって動きやすくなるようにしますので、上向きで寝てください」

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「これで座ってもらっていいですか?」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「あ、今起き上がるときは痛くなったですね。いつも痛いのに」

 

 

吉田:

「ではまた前屈と側屈してもらってもいいですか?」

 

 

(前屈と側屈をそれぞれしてもらう)

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「さっきよりはいいですけど、まだ痛いですね」

 

 

吉田:

「なるほど。だったら、この状態でしてもらってもいいですか?」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「あれ、全然痛くない」

 

 

吉田:

「やっぱり。なにかのキッカケで骨盤がちょっとずれてますね。それで動くときにズレのままだと痛みが出るようです」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「へーすごいですね。これって治りますか?」

 

 

吉田:

「ゆっくりと痛みが出たというので、骨盤が少しずつズレて関節に負担がでたんでしょう。ちょっと時間かかるかもしれませんが、治るので大丈夫ですよ。とりあえずは、いつもこうやって座っているなら」

 

 

 

吉田:

「こんな感じで左足を前にするよに座ってみてください。この状態で前屈や側屈すると痛みがでないので、骨盤が戻ろうとしてくれます」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「これだけで腰が痛くないなんて不思議ですね。とりあえずやってみます」

 

 

吉田:

「痛みが出る状態を続けると痛みが治りにくくなるので、気楽に考えてもらっていいですよ。あと大事なことは歩くことです。骨盤って歪むことあるんですけど、歩いていると左右の股関節が動いて骨盤が修正されるようになります」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「よくあるくような気もするんですけど、ダメだったのはなんでですか?」

 

 

吉田:

「歩くときの歩幅が狭いからだと思いますよ。それこそ股関節が動くように大股で歩くくらいの気持ちで歩いてください。」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「あ~確かに歩くのは早いんですけど、歩幅までは考えていませんでしたね」

 

 

吉田:

「みなさんそんなもんですよ。あとは、痛みがまだあると思うのでちょっとずつ戻しますので通ってください」

 

 

なぜか腰痛になってしまった男性:

「わかりました。また来週に予約していってもいいですか?」

 

 

ここまでが

なぜか腰痛になってしまった男性とのやりとり。

 

 

何かをした記憶がないのに

腰が痛い。

 

そんな状態ってよくあります。

 

普段通りの生活を送っていても

体には負担がおきていて

蓄積されたことによって

痛みがでる。

 

蓄積されるというのも自覚がしにくいものです。

 

プロのスポーツ選手だって体のケアをするように

仕事を頑張っている人も同じようにケアが必要です。

 

 

今回の男性の場合

 

 

 

この骨盤と背骨の間にある仙腸関節に痛みが出ていました。

 

なぜ仙腸関節に痛みが出てしまったのかも

お話を聞いていたら

職場の椅子と机が合わなくて、体をねじるように仕事をしていたことが最近あったのを

教えてくれました。

 

長時間のねじった姿勢は、骨盤や背骨を歪ませてしまいます。

 

 

その結果、蓄積された疲労が仙腸関節に痛みを出したものだと思います。

 

 

まずは、座り方を変えて

歩くことで骨盤は戻りますので、日常で歩くことを意識してもらいます。

 

 

同じように、仙腸関節に痛みが出ている人は

骨盤がズレてしまい

痛みが出ているのかもしれません。

 

なかなか治らない腰痛で

お悩みでしたら

一度ご相談ください。

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

   

 院長の独り言『おでん』

そろそろおでんが食べたくなる季節になってきましたね。(食べる予定はいまのところない) 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。