正座をしても膝が痛くない体をつくるトレーニング方法。

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

最近、膝の痛みで来院されるお客様が多くいます。

 

当院の治療は、膝にも有効ですのでご一読ください。

 

 

さて、茶道のように長時間正座をする人って膝に痛みが出やすいのをご存知ですか。

 

心臓から流れる血液、神経など股関節を通り、足につながっていくので

 

正座をしていると、足に流れがいきにくくなります。

 

その結果、正座をするとしびれや痛みが出るんですね。

 

正座になれてきたとしても次に現れてくるのが

 

膝の痛み。

 

正座から立ち上がるときなど、痛みが出やすくなります。

 

 

膝の痛みは変形しているから?関係ないの?

膝に痛みが出てくるとまず整形外科では

 

半月板、膝関節の変形などを疑います。

 

病態を把握することは大切ですが、膝の痛みと変形などは直結しません。

 

ぼくが病院で働いているときも、膝があきらかに変形した方でも

膝に痛みがないことはよくありました。

 

ほかに原因があるので、変形しているから痛みは一生治らないと思わないようにして

諦めないようにしましょう。

 

 

では、なぜ痛みが出るのか

 

痛みというのは大きく分けて二つ

 

急性期と慢性期になります。

 

急性期は、組織に傷ができていたり炎症しているときのことをさします。

冷やすと痛みが減ることが多い。痛みが出てから三カ月以内が多い。

 

慢性期は、傷や炎症がないのに痛みがでていることです。

血流が悪かったり、筋肉がかたいことで痛みがでやすくなります。

温めると痛みが減ることが多い。

痛みが出てから三カ月以上がおおい。

 

この二つを考えることで、治療方針がかわります。

膝の痛みを改善するにはどうしたらいいの?

膝の痛みを改善するにはさきほどの

 

急性期か慢性期か見極めましょう。

 

急性期の場合は、冷やして安静にするのが大切。

 

慢性期の場合は

膝に負担にならないように、筋肉をゆるめて

背中や骨盤周辺のゆがみを取ると痛みが減っていきます。

 

 

今回は

正座をして痛みが出るが

ずっと痛い訳ではなく、たまに痛みが出る人におすすめの改善方法をご紹介します。

 

 

 

正座をしても歪まない方法は?

膝に痛みが出やすい人は多くがゆがんでいます。

 

背骨のゆがみや骨盤のゆがみなど

 

見た目がきれいな人でも、細かくみたら歪んでいる可能性が高いんです。

 

それほど、厳密なきれいな姿勢ってむつかしいですよね。

 

 

では、ゆがみがでにくい方法はどうしたらいいのか。

 

見た目としてきれいに座ればいいのか

 

それとも、厳密にきれいな座り姿勢を学ぶべきなのか。

 

 

答えは

 

正座以外のところで、背骨、骨盤などを歪みの起きない体にして

修正されることが大事。

 

 

 

体を歪ませないためのトレーニングをご紹介します。

 

 

体の歪みを治して、正座しても膝が痛くならないトレーニング

では、体のゆがみを治していき

正座をしても膝に痛みが出ない体をつくるためのトレーニングをご紹介。

 

トレーニングというよりも、ストレッチに近いので

気軽にやってみてください。

 

 

1、下向きで寝て、膝をまげます。

 

こんな感じで膝を約90度に曲げる。

 

この時に腰に痛みが出るようでしたら中止してください。

ご覧のように、両膝と両足首をひっつけておきます。

 

 

2、両膝、両足首をひっつけたまま左右に倒す

 

常に膝と足首は引っ付けておくようにしましょう。

 

離れて動かしてしまうと股関節の動きが強くなってしまうため

骨盤や腰椎の修正になりにくくなります。

 

 

 

こちらも同じですね。

 

両膝と両足首を引っ付けたまま、左右に大きく倒す。

 

そうすることで、骨盤のズレ

腰椎のズレやゆがみを直していきます。

 

 

この時も腰や股関節など、体に痛みがでたら中止してください。

 

 

ゆっくりと左右に大きく倒すこと

 

約20回ほど行いましょう。

 

 

力ずくで動かすというよりは

体の重さを使い、左右に緩やかにうごかすことが大事

 

 

あとは、一日に20回だけでもいいので

継続してトレーニングを行ってください。

 

 

 

まとめ

 

 

体のゆがみは一日で治るものではありません。

 

ですが、焦らずゆっくりと行うことで膝の痛みがでない

体をつくることができます。

 

 

 

 

膝に痛みでていると

歩くこともままならないですよね。

 

そんなときは、無理に動かすことはダメなので

安静にして痛みが引いてきたら運動することをお勧めします。

 

(整形外科では膝に痛みがあっても、筋トレが大切だから動くように言われるようですが、痛いなら動いちゃダメ)

 

 

なかなか治らない膝の痛みでお悩みでしたら

一度当院にご相談ください。

 

今後も膝に痛みの出ない生活ができるようになる

お助けができるかとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『コーヒー牛乳』

たまに飲むとめっちゃおいしい。でもめっちゃ甘いなこれ 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。