なにもしてないのに太ももが痛い、原因は呼吸にあった!?

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

走ったわけじゃない。

転んで傷めた記憶もない。

 

立ち仕事で足が疲れているんだろうか?

 

太ももが原因不明の痛みでお悩みの方が

来院してくれたお話しです。

 

 

整形外科に行っても原因はわからない。

太もものストレッチなどをしても、痛みがすぐ出てくる。

とにかく太ももがなぜか痛い。

 

 

そんな症状がありましたら

読んでみてくださいね。

 

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「こんにちは。先生、なにかしたりしてないんですが太ももが痛いです」

 

 

吉田:

「太ももの痛みですね。それは前側?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「そう前側。なんかこうだるいような、じんじんするような、骨に当たるような痛みがずっとあるですよ。」

 

 

吉田:

「ほ~それは辛そうですね。起きてても、寝てても痛みは出ていますか?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「あ、仕事中は痛くないように思います。立ち仕事で集中しているのもあって、たぶん痛みを感じていないんだと」

 

 

吉田:

「立ち仕事のときは大丈夫なんですね。ほかに痛みが出るときってどんなときあります?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「ほかですか?あ~血流がよくなると楽になるかとおもって、お風呂に入ったら痛みがあとから増えてきりしたのがありますね」

 

 

吉田:

「お風呂に入ると痛みが増えるんですね。痛みの出ている場所って太もも全体な感じです?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「そうですね。なんか真ん中あたりになったりするときもありますね。」

 

 

吉田:

「痛みの場所も動くときあるんですね。なるほど。ではどこに原因があるのか探していきましょう。仰向けで寝てください。」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「よろしくお願いします」

 

 

~検査中~

 

 

吉田:(太ももを触りながら)

「触って太ももの痛みっ強くなったり、少なくなったりします?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「いや、特に変化はありませんね」

 

 

吉田:

「変化なしですね。立ってるときと座ってるときで痛みに変化あります?」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「あ~なんか寝てるときだと、膝よりもちょっと上に痛みが出ているような気がします」

 

 

吉田:

「やはり場所は変化するんですね。わかりました。まずは体を見直してみましょう」

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「これで座ってみてください」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「なんか体が軽いですね。足の痛みも減ってます」

 

 

吉田:

「体を見直したときに、原因が多くありそうでした。でも筋肉が悪さをしているというよりも、痛みを無意識に作っているような感じになっています」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「痛みを作っている?」

 

 

吉田:

「そうなんですよ。慢性的に痛みのある人はよくあるんですけども、まずは無意識に酸欠を作っています。施術の時も何度か『今も呼吸とまってませんでした?』と聞きましたよね。あんな感じで、日頃から集中すると無呼吸になる癖ができています」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「あ、何度か確かにありましたね。仕事中とかも気にしてなかったんですが、たぶん呼吸止まってますよね。」

 

 

吉田:

「倒れるほど呼吸を止めているわけではないから、気づきにくいんですよね。んで呼吸が止まる癖がつよくて、体が酸欠になる。酸欠になると痛みって出やすいし、感じやすくなるんですよ」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「あ~そうなんですね」

 

 

吉田:

「んで呼吸が止まっているのが一つの原因。次にあったのが背骨からストレスが抜けていない状態」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「さっき先生が首触ってくれた時、確かに背中から伸びる感じありましたね」

 

 

吉田:

「そうですよね。あれみたいに背中から背骨をリラックスさせていくと、足にかかるストレスも抜けていくので、痛みがでなくなっていくんです。」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「なんかよくわかりませんが、確かに楽になりましたね」

 

 

吉田:

「そう、それなんです。ここ最近ずっと足痛かったですよね?それによって、体が楽になるっていう状態を忘れてしまっているんです。ちょっとお時間かかるかもしれませんが、背骨から楽になる状態をつくっていきましょう」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「はい。またよろしくお願いします。」

 

 

吉田:

「特に気を付けるのは日常でも呼吸をするように意識してみてくださいね。そうすれば痛みがなくなるのも早くなりますからね」

 

 

原因不明の太ももの痛みがある男性:

「わかりました。意識してみます。あ、次の予約も入れていっていいですか?」

 

 

 

ここまでが

原因不明の太ももの痛みがある男性とのやりとりです。

 

 

今回の男性の場合

原因不明の痛みというのが、数カ月とつづいていたことで

脳が痛みを覚えてしまっているパターンもありました。

 

そのため、足をマッサージしても

一時的に痛みがなくなるだけで

すぐ痛みが復活する。

 

体が痛みのない状態を作り続けることで

脳が痛みを忘れるようにしないといけません。

 

ほかにも

無意識で作っていた、無呼吸によって

痛みを感じやすくしていたこと。

 

体は酸欠になると痛みがでやすくなります。

 

血流にのって、酸素が運ばれるんですが

そのときに一緒に痛みの物質なども運びます。

 

 

酸素が少なくなれば痛み物質も運ばれにくくなり

痛みが感じやすいということ。

 

 

日常で呼吸を忘れないようにするのは大事

(呼吸がしてるようでしてないのに気づきにくいんですよね)

 

 

 

背骨と背中の動きというのも

 

ストレスが多い人は背骨が固くなります。

 

背骨にストレスをためることができるといわれていて

ストレスを感じていないようで背骨にはストレスマックス。

 

 

 

あかちゃんがハイハイしながら背骨をしならせているように

 

おとなも、たまには背骨をしならせてみてください。

 

背骨を動かすと、結構体の力が抜けて

スッキリします。

 

 

 

同じように原因不明の足の痛みでお悩みでしたら

一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『痛み』

痛みが出るというのは気のせいではない。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。