フットサル中に壁に衝突してしまい、首の痛みがとれない男性

腰痛、肩こりを再発しないように治療していましす。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

運動をしているとケガや事故がつきもの。

突然起きるので対処ができないですよね。

 

衝突ような事故が起きると、一時的に痛みが出て

その後も続けて痛みが残るというのがあります。

 

 

今回はそんな中

フットサルをしていて、ボールを取りに行こうとしたら壁におでこから

激突してしまい、首と肩甲骨の横に痛みが出たのが治らない男性がお見えになる

 

お話です。

 

 

壁に衝突してしまうほど集中していることは素晴らしいんですが

その後、痛みが取れないままになってしまっている状態です。

 

 

なかなか首や肩甲骨の痛みが取れない人は

参考にしてみてください。

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性

吉田:

「お久しぶりです。今日はどうされましたか?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「お久しぶりです。二年ぶりとかですね。前の寝違いの時はありがとうございました。それがですね、また首が痛くなったんですよ」

 

 

吉田:

「それはよかった。今回も寝違えたりしたんですか?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「いや、それがですね。フットサルをしていてボールを追いかけて壁に激突してしまって、それから首がまた痛くなったんですよ」

 

 

吉田:

「壁に激突!?かなり集中してたんですね。そのときってどこをぶつけました?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「おでこですね。かなりの勢いで行ったみたいで」

 

 

吉田:

「覚えてないほどですか?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「はい。一瞬でなんのことかと思うほど」

 

 

吉田:

「かなり行きましたね。ではどこかに原因があると思うので探していきましょう」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「よろしくお願いします」

 

 

~検査中~

 

 

吉田:

「どんな動きすると首に痛みでますか?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「やっぱり上向きになるとですね。いてて」

 

 

(立った状態で上向きになる)

 

 

吉田:

「なるほど、そのときって首だけです痛み?こっちの肩甲骨のほうまで痛み出てませんか?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「あ~そうですね。首から肩甲骨にかけて痛みがでてます。」

 

 

吉田:

「そうですよね。でもこれ痛み出てるのって右だけなんです?」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「そうですね。痛みは右だけになります」

 

 

吉田:

「動きや衝突時の姿勢などを考えたらなんとなく原因みえてきましたね。」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「そうなんですか?」

 

 

吉田:

「動きを見るのって大事ですからね。では動きやすくなるように施術していきましょう」

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「これで座ってみてください」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「あ、すごいですね。ほとんど痛みありませんね」

 

 

吉田:

「お、いいですね。ここからですね。もう一度上向きしてもらっていいですか?」

 

 

(上向きになってもらう)

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「ちょっとだけまだ痛みでますね」

 

 

吉田:

「そうですよね。では」

 

 

(お腹周りを触りながら動いてもらう)

 

 

吉田:

「これでもう一度首を動かしてみてください」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「すごい!さっきよりもまた動かしやすくなってますね。というかほとんど痛みないですね」

 

 

吉田:

「いいですね。やはり衝突のときにお腹に無意識に力を入れていたんですね。」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「確かにそうかもしれませんね。」

 

 

吉田:

「衝突したときの衝撃がかなり強かったとおもうので、筋肉がおもいっきり緊張したんだと思います。それで首に特に衝撃と力が入ったんでしょう。今はゆるんでいますが、衝撃の緊張は戻りやすいので一週間以内にまた来てください。」

 

 

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性:

「わかりました~またお願いします」

 

 

ここまでが

壁におでこから衝突してしまい首と肩甲骨の痛い男性

とのやりとりです。

 

 

右の首から肩甲骨にかけて痛みがあり

上向きになると特に痛みがでる状態。

 

この場合、考えられるのは斜角筋の緊張

 

 

 

斜角筋はこのようになっていて

首の横から、肋骨につながっています。

 

首の動きをだしたり、肋骨の動きを補助したりします。

 

 

首と肋骨についているのがわかりますね。

 

 

この斜角筋の周辺を血管や神経が通っているため

斜角筋の緊張がつよいと

痛みがでやすくなります。

 

首に痛みが出ている人は斜角筋をゆるめるのは大切なのがわかります。

 

つぎに腹部の筋肉

 

衝突したときに、首に力が入り

お腹に力が入っているためこのような筋肉が働きます。

お腹をぐるっとおおっているのがわかる

腹斜筋です。

 

腹斜筋をみると

骨盤から肋骨まで大きく体を覆うような形になっています。

 

 

腹部に力が入れば、

肋骨まで固定してしまうということ。

 

肋骨が固定されれば

自然と、斜角筋も固定されてしまうため

首の動きがでなくなり

 

首に痛みが出続けてしまうんです。

 

 

 

首だけをほぐしても

首の痛みが取れない背景を考えると

 

体は全体つながっています。

 

なかなか

変わらない首の痛みでお悩みでしたら

一度ご相談ください。

 

お待ちしています。

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『首の痛み』

原因がたくさんあるので、見極めるのがおもしろい。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。