右の肩だけが痛い原因は腕にあった女性のお話し

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

肩こりがあると両肩がつらくなることが多いんですが

片側だけで肩こりを感じることがあります。

 

姿勢の悪さや運動不足だけではなく

 

本人の気付かないところで、無意識に

悪い癖が起きていることがあります。

 

今回はそんな

右肩だけ疲れてくると痛くなる女性がおみえになるお話しです。

 

 

片側だけ痛みが出たりする人は

参考にしてみてください。

 

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「こんにちは。肩こりがあるんですけど、右だけなんですよ」

 

 

吉田:

「右だけ肩こりなんですね。それってどんなときに気になります?」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「仕事中かな?寝起きから痛い時もあったかもしれません。」

 

 

吉田:

「いつがつらいのかわからない状態ですね。」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「そうですね~なんか気づいたら、いつも右だけ痛くなるんです」

 

 

吉田:

「右の肩に痛みが出る前日に脂っこいものとか食べたりしてませんか?」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「え?脂っこいものですか?食べてないとおもいますね~」

 

 

吉田:

「そうなんですね。一応気にしてみてください。脂っこいもの食べて内臓が疲れると右だけ痛くなる人いたりするので」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「わかりました~」

 

 

吉田:

「ではどこに原因があるのか探していきましょう」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「よろしくおねいがいします」

 

 

~施術中~

 

 

吉田:

「確かに右だけ固いですね」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「そうですよね。」

 

 

吉田:

「何個か癖は見えてきましたね」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「癖ですか?」

 

 

吉田:

「そうですよ。日頃から右だけに負担がいく動きをしているんじゃないかと思って診てたんですよ」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「そんなのあります?」

 

 

吉田:

「何個かありましたよ。全部終わってからお伝えしますね」

 

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「ではこれで座ってみてください」

 

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「あ~肩すっきりしましたね」

 

 

吉田:

「つらいのが取れるのは簡単なやつなんですよね。それよりも、日常が大事」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「日常、そうですよね」

 

 

吉田:

「癖を見直していきましょう。まずは、呼吸。」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「呼吸ですか?」

 

 

吉田:

「そうそう。なにか緊張だったり集中してるときに呼吸が浅くなりすぎています。それで肩が緊張しやすくなってるのがあります」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「あ~確かに呼吸浅い自覚あります」

 

 

吉田:

「次に今首うごかしてもらってみていいですか?」

 

 

(首を横に動かしてもらう)

 

 

吉田:

「例えば今みたいなときに、ちょっとだけ右肩と右腕に力はいったのわかります?」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「あ、確かに力はいってますね」

 

 

吉田:

「そうなんですよ。自分でも気づかないうちに右に力を入れてしまってるんですね。それで右の肩がつらくなりやすいのかもしれません」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「そうなんですね。確かに肩こりそうですよね」

 

 

吉田:

「昔からこのクセがあったと思うので、少しずつ治していきましょう」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「わかりました!ってなにしたらいいですか?」

 

 

吉田:

「まずは体をゆるめていかないといかないので通ってください。んで日常では、深呼吸をすること。ほかにも携帯触ったり、鉛筆もったりするときに力が入っていないか確認していくこと。それで力が入ってたら抜くように意識しましょう」

 

 

疲れてくると右の肩だけが痛い女性:

「わかりました。やってみます」

 

 

ここまでが

疲れてくると右の肩だけが痛い女性とのやりとり。

 

 

 

肩こりを治すためには

日常のなかで肩に負担をかけているクセを見つけることが大事。

 

 

パソコンをしていても肩こりにならない人もいるし

運動をしてるのに肩こりになる人もいます。

 

 

今回の女性のように

呼吸が浅かったり

無意識に腕から肩にかけて力をいれてしまっていては

 

肩が疲労してしまい、痛みを出すようになります。

 

 

ストレッチをしたり運動をしても

なかなか肩こりが変わらない人は

日常から肩こりになるような癖を持ってます。

 

 

パソコンをしているときに肩に力が入りすぎていたり

鞄を持つときに肩や腕に力を入れ過ぎてる

 

なんていうのはよくあることですが

皆さん気づかずに生活をしています。

 

 

まずは、自分がいつ肩に力を入れてしまっているのか探してみてください。

 

マッサージよりもそこから見つめなおすことが大切です。

 

自分の癖がわからない

肩こりが治らない

などお悩みがありましたら

お早めにご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『チョコボール』

たまに買ってみてもエンジェルは出ません。(ホントに金のエンジェルとかあるのか) 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。