太ももの骨に近いところが痛い男性のお話し

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

痛みがあるとき、どこに痛みがあるのか探してみること

ありますよね。

 

例えば

頭が痛いなら、頭の横なのか、後ろなのか

 

横ならどのあたりなのか触ってみよう

 

 

ここが痛い!

 

というのがわかります。

 

 

そんな中

太ももが痛いのはわかるが、太ももの骨に近い中心部が痛いような気がする男性が

おみえになる

お話しです。

 

 

太ももの筋肉よりも骨が痛いような感覚の人は

参考になるかと思いますので

読んでみてください。

 

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「こんにちは。仕事で立ってることが多いからなのか、足が痛いんですよね」

 

 

吉田:

「立ち仕事で足の痛みですね。それってどのあたりですか?」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「太ももなんですよね。どうしたら痛いというわけではないんですが、疲れてくると足に痛みが出てくるんですよ」

 

 

吉田:

「疲れてくると痛みが出るんですね。ちなみに今は痛みありますか?」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「今は、ちょっとだけありますね」

 

 

吉田:

「なるほど、ここが痛い!というのはあまりないですか?」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「ん~なんかこの膝の近くが痛いこともあれば、太ももの真ん中が痛いようなときもあるんですよね」

 

 

吉田:

「そうなんですね。ではどこに原因があるのか探していきましょう」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「よろしくお願いします」

 

 

~施術中~

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「あ、そういえば、足の痛い時って昔からあるんですけど。なんか骨?に近いところが痛いこともあるですよね。筋肉というよりも骨のような感じがします」

 

 

吉田:

「ん~骨に近いところですね。確かに骨膜も痛みを感じるので、その痛みかもしれませんね。今も骨っぽいところ痛み出てます?」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「あ~ちょっとありますね」

 

 

吉田:

「だったら、こうしたとき痛みでます?」

 

 

(股関節を伸ばすような動きをする)

 

 

吉田:

「このときどうです?」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「あ~確かに痛みがなくなっていきますね。気にならなくなりました」

 

 

吉田:

「太ももの痛みなども関係しているものの一つに血流があります。見た感じですと、股関節の動きが悪く、股関節の筋力が弱いんですよ。そのため足に向かう血管が正しく動いていないように見えたので、股関節を伸ばすと流れがよくなり痛みが減るということです」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「へ~先生すごいですね。」

 

 

吉田:

「体は全体を見直すことで痛みがなくなっていくので、大切なことなんですよね。ではこれで座ってみてください」

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「あ~足の痛みかなりないですね」

 

 

吉田:

「昔から骨の近くにある骨膜から血管までの通りが悪かったんだと思います。ストレッチの要領で股関節を伸ばすのを続けていきましょう。あと、体が疲れて固まりやすくなってるのもあったので、ちょっと通ってくださいね。」

 

 

 

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性:

「そうですよね~。かなり昔からあったので、治るのも時間かかるかとおもいますが、よろしくお願いします」

 

 

ここまでが

太ももの中心、骨に近いところが痛い気がする男性との

やりとり。

 

太ももの痛みというのは

筋肉、筋膜、骨膜など

部位が変わります。(どこの場所でもそうなんですが)

 

 

ただ、太ももが痛い!筋肉が悪い!

というわけではなく、痛みの出るとき、痛みが減るときなど

変化を見極めるのが大切。

 

今回の男性の場合、感覚的にも

太ももの骨に近いところが痛い。

 

というのがあり、骨膜に不具合がでているのでは?

 

と推測ができました。

 

骨膜にも神経が分布されており

血流があるため、なんらかの不具合があれば

骨の近くにある骨膜が痛みを出すということ。

 

骨には痛みを感じる部位がなく

骨自体が折れても痛みを感じるのは

折れたことによって、筋肉や骨膜が刺激されて

痛みを感じます。

 

 

骨膜に通じる股関節の流れをよくすれば

痛みが消えたということ。

 

ちなみに、今回行ってもらった

股関節を伸ばす方法がこちら

 

 

 

こんな感じで、足をダランとおろし

股関節の前が伸びているのを感じてもらうだけ。

 

結構シンプルですが効果は絶大。

 

股関節の前側には血管や神経などが多くあるため

座り続けたりすると、流れが止まりやすくなります。

 

 

立ち仕事でも、足の不具合がある人は

股関節が固くなっていることが多いので

 

このように伸ばすだけで

足の不具合が取れていくということ。

 

 

まずは、股関節を伸ばしてみることから始めてみてください。

 

 

似たような症状

なかなか治らない、足の痛みなどありましたら

お早めにご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『デスソースをカレーライスに』

久々に入れてみました。少しだけ入れた気持ちだったんですが、多かったようで味がよくわからないほど辛くて、後悔のみでした。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。