膝の内側が痛い女性の原因と特徴

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

最近、足の痛みを訴える人が多く見えます。

足首だったり、膝だったり。

 

そんななか

 

何かの拍子に膝の内側が痛くなることがある女性

がお見えになるお話しです。

 

 

なぜか突然

膝の痛みが出たりする人は参考にしてみてください。

 

 

 

膝の内側が痛くなる女性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「こんにちは。たまになんですけど、膝が痛くなるんですよ。起き上がったときとか、踏ん張ったようなときとかにあるんです」

 

 

吉田:

「膝の痛みですね。膝のどのあたりに痛みが出ますか?」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「左膝のこの内側らへんですね」

 

 

吉田:

「なるほど。ちょっと前よりの内側ですね。ちょうどお皿横ってとこですね。」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「そうなですか?今も触ると痛いんですよね。やっぱり病院とか行くべきですか?」

 

 

吉田:

「ん~気になるなら病院行ってもいいと思いますが、診た感じだと大丈夫だと思いますよ。それこそ膝の痛みとかって、ほとんどが膝が悪くなくて、股関節や足首が悪くて膝に痛みが出てるパターンが多いんですよね。」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「股関節とかなんですか?」

 

 

吉田:

「そうそう。だから膝を触らないで、痛みの関係している筋肉や関節を正常に戻すと痛みがなくなっていくんですよ」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「へ~知らなかったです。」

 

 

吉田:

「とりあえず、どこに原因があるのか探していきましょう。上向きで寝てみてください」

 

 

 

~検査中~

 

 

吉田:

「あ~やっぱり。痛みの出ている足のほうが細くなってますね。」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「え?そうなんですか?」

 

 

吉田:

「右に比べると左は全然細いですね。たぶん筋肉動きにくくなってるかも。筋肉がすべて痛みを取るわけではないんですが、正常に動いて筋力があるほうが痛みが出にくいんですよ」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「足って大事っていいますもんね」

 

 

吉田:

「んじゃとりあえず、体ほぐして痛みでにくくしますね」

 

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「ではこれで、座ってみてください」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「なんかスッキリしました~」

 

 

吉田:

「んでこっからが大切で、その座った状態で膝を伸ばしてみてください」

 

 

 

吉田:

「こんな感じで膝をビシっと伸ばすと、太ももの前が動くんですが、やってみて左右を比べてみてください。」

 

 

 

(膝を伸ばすように足を動かす)

 

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「あれ!?右は動く感覚あるので、痛みのある左はあまり動いていない気がする!」

 

 

 

吉田:

「そうなんですよ。太ももの筋肉って膝のお皿につながるんですが、左だけ筋力が弱ってて、膝に負担がでてきるんですよ。だからビシっとしっかり伸ばすと、どこがつかれます?」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「なんか、太ももよりもふくらはぎが疲れてきました」

 

 

吉田:

「そうそう。左の太ももを動かしたいのに、ふくらはぎが動いちゃってるんですね。んでちょっとまってくださいね」

 

 

 

(膝周辺を軽く触る)

 

 

吉田:

「これでもう一回伸ばし見てください。」

 

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「あ、さっきよりも太ももが動いている感じがわかります」

 

 

吉田:

「こんな感じで、座ったまま膝を伸ばして太ももが動くようにトレーニングしてください。左右で太さも違うのわかるとおもいますし、なによりも動きが悪くなってるのもわかったかとおもいます」

 

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「そうですね。こんな風になってたなんて知りませんでした」

 

 

吉田:

「みなさん自分の体を知っているようで知らないもんなですよ。だからこうやって知ることで治るようにもなっていくので、ちょっと気長に足を伸ばして太もものトレーニングを続けていきましょう」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「わかりました。続けてみますね」

 

 

吉田:

「あ、あと、動かした後立って歩いてみてください」

 

 

(歩いてみる)

 

 

吉田:

「動きやすくないですか?」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「ほんとだ!膝痛くないし動きやすい」

 

 

吉田:

「筋肉が正しく動くと痛みもなくなっていくんですよ。ちょっと続けて通ってくださいね」

 

 

膝の内側が痛くなる女性:

「来週の予約してもいいですか?」

 

 

 

ここまでが

膝の内側が痛くなる女性とのやりとりです。

 

 

膝の痛みは膝に原因がないことが多く

 

今回のように太ももの筋肉が動かしにくくなったりする特徴があります。

 

 

整形外科にいっても、太もものトレーニングを推奨されたとしても

本当に太ももが動いているのかもわからにような状況だったら

トレーニングをしないほうがいいくらいの時もあります。

 

 

股関節、足首といった

膝の関係する関節は正しく動いているのか

 

筋力は正常なのかと

 

膝だけではなく、全体を見渡せるようにして

治していきましょう。

 

 

膝の違和感があるなら、

座った状態で足を伸ばしてみるのも一つの手ですので

 

やってみてください。

 

 

ほかにも

膝の痛みでお悩みでしたら

一度ご相談ください。

 

お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『バレンタインデイ』

気付いたら終わってました。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。