前十字靭帯が悪く、四股をふもうとすると膝の内側が痛くて股関節の固さを感じる男性

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

ちょっと題名に盛り込み過ぎました笑

 

膝の痛みというのは

膝に原因は少なく筋肉や関節の問題があります。

 

筋力があれば膝の痛みは出にくいので

年齢とともに筋力が低下してしまうため

膝に痛みが出やすくなります。

 

ほかにも

若い時にスポーツで靭帯を損傷しているケースも多いので

見落とさないようにしたいですね。

 

 

さて、

今回は若い時に前十字靭帯を損傷していて

なおかつ50代になってきたら、膝の内側に痛みが出始めたので

整形外科に行ったら関節腔が狭くなっているといわれた男性がおみえになる

お話しです。

 

同じように

 

前十字靭帯損傷

関節の隙間が減っている

足の筋力が低下している

 

などの項目に当てはまるようでしたら

参考にしてみてください。

 

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「こんにちは。右膝の内側が痛くて、屈伸のように四股をふもうとすると特に痛いんですよ。」

 

 

吉田:

「右膝の内側の痛みですね。痛みはずっと出ていますか?」

 

 

(立って四股を踏むように動かしながら)

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「いや、曲げたり伸ばしたりすると痛みが出ます。これ以上動かすと痛い感じです。股関節もどんどん動かなくなってる感じなんですよね。」

 

 

吉田:

「お~確かに動きが痛そうになりますね。無理して動かさなくていいですよ。病院って行きました?」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「整形には行きましたよ。昔、ラグビーやってて右膝は前十字靭帯をやってるんですよね。んでその話も整形でしたんですけど、それよりも『関節腔が狭くなってて当たりそうになってる』って言われたんですよ」

 

 

 

吉田:

「そうなんですね。ということは、関節が狭くなってて骨が当たりそうだから痛みが出ているということですね」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「整形ではそんな感じで言われましたね。ヒアルロン酸の注射に通ったんですけど、忙しくて行けてなくて」

 

 

吉田:

「なるほど。確かに注射すると楽にはなりますよね。ですが、通えてない状態。注射しなくても膝の痛みなくなると思いますよ」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「え?そうなんですか?」

 

 

吉田:

「その感じだと大丈夫だと思います。ちょっと細かく診ていきましょう」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「痛みがなくなるなら筋トレでもしますので、よろしくお願いします」

 

 

 

~施術中~

 

 

吉田:

「そうですね。筋肉がうまく動いていないのと、骨盤の動き、あと足の癖を治していくと痛みなるなりそうですね。」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「プールで歩いてるんですがそれは大丈夫ですか?」

 

 

吉田:

「大丈夫ですよ。それが直接痛みを取るかといわれると、歩き方とか見ないとダメですが、膝のためにもダイエットは必要ですしね。とりあえず、動かしやすくなるように施術していきますね」

 

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「ではこれで立ってみてください」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「あ、足が軽い感じしますね」

 

 

吉田:

「まだ痛みは出やすいと思うので、さっきみたいに四股踏んでみてください」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「あ~すごい。全然痛みなくなってます」

 

 

吉田:

「大丈夫ですね。関節腔とか靭帯の問題っていうのは、痛みが出やすくはなるかもしれませんが、絶対に痛みが出るわけじゃないんですよ。それこそ、筋肉はあった方がいいし、関節も動かしたほうがいい。そのほうが痛みが出にくくなるので運動は大切です。関節の隙間が狭くても痛みが減るし、なくなるので続けてきてください。」

 

 

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性:

「わかりました!また来週もよろしくお願いします。筋トレとかは何したらいいですか?」

 

 

 

ここまでが

四股をふもうとすると膝に痛みが出る男性とのやりとりです。

 

 

膝の痛みというのは

 

関節腔が狭くなっていても痛みは関係ありません。

 

靭帯がなくても、痛みは関係ありません。

 

 

すべての膝の痛みに関節腔や靭帯が

関係ないわけではありませんが、痛みがなくならないと

諦めないでください。

 

今回の男性のように

関節腔が狭くなり、前十字靭帯を損傷していても

痛みはなくなります。

 

ほかに悪さをしている部位がかならずあるということ。

 

 

骨盤の靭帯だったり、筋肉の動かし方だったり。

 

この男性の場合

 

右の大腿四頭筋が動きにくくなっていて

浮指の癖もあり

足首に力を入れ過ぎてしまう癖がありました。

ほかにも骨盤の動きが悪かったりしたのを

 

もみほすぎて調整して

 

動かしやすくしたことで

痛みはほぼなくなっていました。

 

まだまだ筋肉の動かし方など修正することは

必要ですが、痛みはなくなります。

 

 

なかなか改善しない膝の痛みなどありましたら

 

一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『暖かくなってきてと感じる出来事』

アイスコーヒーを買う機会が増えました。(チャリで通勤なので暑い) 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。
友だち追加数

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。