ふくらはぎが太くて、疲れる人の原因と対処法について

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

 

運動もしていないし

ヒールだって履いていない。

 

なのに

 

ふくらはぎが太くて、疲れて

どうしようもない。

 

ふくらはぎを痩せて細く見せたいのに

なにをしても改善しない。

 

 

足痩せのエステにいったり

体重を落としたりしても変わらないというのは

 

ふくらはぎを

太くしてしまう原因がほかにあるということ。

 

 

そんな

ふくらはぎが太くて疲れやすい人は

 

細くなるし、疲れにくくなる足になりますので

参考にしてみてくださいね。

 

 

ふくらはぎが太い原因はなに?

ふくらはぎ(腓腹筋)が太い人の特徴というのは

 

動かしているということ。

 

 

特に運動もしていないのに太いから

動かしてない!と思う人もいますよね。

 

無意識に

ふくらはぎに力を入れて、動きのバランスをとっています。

 

筋肉というのは動かさなければ簡単に細くなるため

 

健康な成人男性でも

三日ほど病院で入院生活をしたら

一気に筋肉が細くなってしまうほど

 

動かさない環境にあると筋肉はしぼんでしまいます。

 

ではふくらはぎ(腓腹筋)とは

どんな筋肉なのかご紹介

 

こんな感じで

太ももの裏から、カカトまでつながる筋肉です。

 

 

ふくらはぎが動けば

膝が曲がるし、足首も動くということ。

 

足を伸ばそうとしたり

 

足首を固定させすぎると

 

ふくらはぎは、太くなり疲れるということ。

 

 

ふくらはぎを使いすぎて疲れる原因はなに?

ふくらはぎ(腓腹筋)で膝と足首が動くからというのは

わかってきましたね。

 

そうなるとなぜ

膝や足首を使っている人はいるのに

あなただけ、ふくらはぎが疲れてしまうのか

 

ということになります。

 

 

次に大切なことは

ふくらはぎよりも中にある骨が重要

 

脛骨と腓骨

 

になります。

 

こんな感じで足の骨はあり

右足の外側ある細い骨が腓骨

内側にある太い骨が脛骨

 

となります。

 

この二つが足の使い方によって

離れてしまうため、ふくらはぎに

負担がでやすくなります。

 

 

脛骨と腓骨が離れないように

足を動かして生活すれば

ふくらはぎは疲れず、細くなるということ。

 

 

 

ふくらはぎはどうしたら細くなって疲れなくなるの?

ふくらはぎではない筋肉を使うことで

効率よく、つかれない足になります。

 

その効率の良い筋肉は現代人がかなり弱っているんです!

 

靴を履くようになってから弱ってしまったともいわれていて

 

この筋肉を鍛えるだけで

 

ふくらはぎが細くなり

 

ふくらはぎが疲れなくなる

 

 

という優れもの。

 

ではその筋肉がこちら

 

長母趾屈筋

 

 

ちょっと見ずらいんですが

足の親指から

足の裏

内くるぶし

そして

クロスするように腓骨につながります。

 

 

簡単に言うと

 

足の親指を使う

 

 

 

ただそれだけ。

 

ふくらはぎが疲れる人は

 

立っているとき、歩いているときと

足の指を使わないで

足首や膝に力を入れています。

 

靴に頼るようになってしまい

足の指が退化したのが原因。

 

 

まずは

足の指を地面に押し当てるように

力を入れてみましょう。

 

 

そこからふくらはぎの

太さ、疲れからは解消されていきます。

まとめ

足の指というのは人間にはなくてはならないものです。

 

無くてはならないものを使わない生活を続けると

 

ふくらはぎだけではなく

 

膝、股関節、腰、背中、肩、首と

 

全身の至ることろに痛みが出やすくなります。

 

 

足の指を動かすだけでも体調が

良くなることもあります。

 

まずは

地に足をつけるように

指でしっかりと

地面を押さえるようにしてみてください。

 

 

それでもなかなか

改善しない

ふくらはぎの痛みや太さがありましたら

 

お早めにご相談ください。

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

   

 院長の独り言『指の動き』

青竹ふみのように、何かを踏むというのは足の指を動かします。おすすめ 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

夜9時まで受け付けしています。

日曜定休

 

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。友だち追加

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。