噛みぐせがある?だったら足の裏を揉みましょう

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

現代人は歯の問題が多くあります。

 

歯ぎしり、噛みぐせ(食いしばり)、歯の違和感

 

昔よりもこのような症状が

出ている人が多くいると言われています。

 

 

食生活の欧米化によって

柔らかいものが増えて

咀嚼が減っているのが原因とも言われていますね。

 

これとは別にも原因があるので

 

歯ぎしり、噛みグセ(食いしばり)、歯の違和感など

 

ある人は参考にしてみてください。

歯ぎしり、噛みぐせ、歯の違和感が起きる原因とは?

歯ぎしり、噛みグセ(食いしばり)、歯の違和感などが起きた場合

歯医者に行くものかと思います。

 

そこで、ストレスからくるものだと言われるかもしれませんね。

 

ストレスというのは正しくて

ストレスが減ることで症状がなくなることもあります。

 

 

ですが、歯医者で言うストレスというのは

精神的なストレスのことは指すため

 

精神的にストレスを感じていないのに

なぜ私は歯ぎしりや、噛みグセが起きるの?

 

 

となる人もいますよね。

 

 

 

実は、肉体的なストレスによって

歯と歯を噛み合わせてしまう

 

身体の癖というのがあるんです。

 

無意識に身体は倒れないようにバランスを取るつくりになっています。

 

座っていてもバタンと倒れないようにするし

 

立っても、歩いていても、走っても

 

常に倒れないように無意識にバランスをとりますよね。

 

このバランスが崩れたことによって

歯ぎしり、噛みグセ(食いしばり)、歯の違和感

が出てきてしまうんです。

バランスが崩れると、なぜ歯を食いしばるのか

体は倒れないように無意識にバランスを取る。

 

これは倒れてしまうと

痛いし、怪我をするので

反射としてとっさに筋肉が動きます。

 

 

では、どうするとバランスが崩れるのかというと

 

ヒールを履いたり、不安定な場所に立つと

倒れないように筋肉が力が入ります。

 

 

不安定な場所というのも、グラグラの橋や

今にも崩れそうな岩場など想像できますよね。

 

それよりも簡単に不安定な場所というのはあって

 

足の裏が弱っていると、不安定な場所になってしまう

 

ということなんです。

足の裏と食いしばりについて

足の裏には感覚受容器というのがあります。

 

カカト、指の付け根、親指

 

 

この3か所が

正しく地面に当たり、刺激されていることで

 

足の裏は安定します。

 

体の機能としては

足の裏はセンサーの役割があり

裸足で歩くことで

 

「ここはケガしないかな?」

 

「ガラスかな?」

 

「石があるなら、転ばないようにしないと」

 

と脳に指令が入るためにあります。

 

 

ですが

 

クッション性能の高い靴を履く

 

家の中でも靴下を履く

 

フローリングという常に平らな地を歩く

 

ヒールを履く

 

こんな日常では

足の裏の感覚受容器は刺激されません。

 

 

刺激されない感覚受容器は弱ってしまい

歩いているだけで転んだり

歯を食いしばったり

体に力が入ったり

偏平足、巻き爪

外反母趾、内反小趾

 

 

悪いことだらけになります。

 

足の裏の感覚受容器を刺激しよう

弱ってしまった足の裏にある感覚受容器は

刺激することで簡単に活性化されます。

 

 

どれくらい簡単か実験してみましょう。

 

まずは何も考えないで、立ってみて

ゆっくりと噛みしめてください。

 

奥歯が先に当たりましたか?

 

それとも

前歯が先に当たりましたか?

 

歯が全体同時に当たりましたか?

 

 

そんな今の嚙み合わせバランスを確認して

カカトを数回トントントン

右のカカトでトントンしたら

 

一度、嚙み合わせを確認してみてください。

 

右の奥歯のあたりがなんとなく変わる感覚があります。

 

もしないようでしたら

 

左のカカトもトントントン

 

カカトをトントンしたら

嚙み合わせを確認

 

 

次にやってみるのは

つま先側をトントントン

数回トントンすることで

 

嚙み合わせを確認してみてください。

 

 

うまくいくと

歯の噛み合わせが均一になるかと思います。

 

 

 

まとめ

歯ぎしり、食いしばり、歯の違和感など

 

歯の症状というのは

全身が原因で起きています。

 

すべての原因がストレスといって

無理やりストレス発散しても

効果はありません。

 

どこに原因があって

 

どうして歯の症状が出ているのか

 

見直してみることで

 

痛みや不具合のない

バランスのいい体は作られます。

 

 

当院では

足の裏のバランスが崩れてしまったのを

内臓から修正していきます。

 

 

歯医者でも改善されない

歯の症状がありましたら

一度ご相談ください。

 

 

お待ちしています。

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『アイスコーヒー』

家に粉がまだあるのに、急に涼しくなって、ホットコーヒーが欲しい。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

夜9時まで受け付けしています。

日曜定休

 

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール  mut.yoshida@gmail.com

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。友だち追加

 

mut吉田治療院

吉田院長

大学時代から腰が弱く、ぎっくり腰や慢性腰痛がありましたが、今では克服しました。

同じように体でお悩みの方を一生懸命施術しています。

 

 

 

【ご予約はこちら】

 

mut.yoshida@gmail.com

 

電話 

052-684-7865

携帯 090-6619-7877

 

※施術中は電話に出れないことがあります。

メールは24時間受付中

 

営業時間

9時~21時

 

日曜定休

完全予約制

※祝日は営業してます。

 

24時間LINE予約

友だち追加数

 

院内での様子

慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。

是非メルマガ登録してくださいね。